【初心者向け】 お名前.com でドメインを取る手順【図解付】

お名前.comでドメインを取得する方法ブログ・SNS

こんにちは、ろっしーです。

読者さん A
読者さん A

ドメインってどうやってとればいいんだろう?

読者さん C
読者さん C

ドメインって何処でとればいいの?


初心者の方は「ドメイン」って聞いたことはあるくらいで、実際は何のことか分からない方もいらっしゃるかと思います。


実際、私もパソコン初心者でこのブログを開設する時は分かっていませんでした。

 

でも大丈夫です!

そんな超初心者だった私ろっしーでも理解して簡単にドメイン取得して、ブログ・サイトを開設して収益化まで出来ています。

 

この記事を読んでわかること
  • ドメインとは何か
  • お名前.com  でドメインを取る手順

 

ドメインの解説

お名前ドットコムでドメインを取る方法

まず最初にドメインについて知っていきましょう。


インターネット上にはたくさんのドメイン、URLが存在しています。

それらが何なのかを詳しく説明していきます。

 

ドメインとは何か

ドメインって何?と思われる方。


簡単に言いますと「広いインターネットの世界の中の住所」


これです。他で調べても大体こう書いてあると思います。

  • ドメイン    インターネットの住所
  • サイト     インターネットの家

 


目に見えないインターネットの世界。

無限の広さの中に数えきれない人が、数えきれないサイトを運営してます。


その中で貴方のサイトを見つけて貰うのに住所が無かったら・・・

例えば貴方が名前を書いたプレートを近くの駅前で掲げてみました


数十人、数百人の人が行き交う中、貴方の名前は見て貰えるでしょうか?

あるいは他県の人や外国の人なんかには見つけてなんて貰うのは不可能です。


そこでドメインというインターネットの世界の住所を取って、貴方の作るサイト(家)にお客さんを招こう、というわけです。


https://www.〇〇〇.com/


上にあるのが URL(ユーアールエル) で、いわゆる情報の住所です。

この中の赤文字の部分〇〇〇.comがドメインです。

“URL(ユーアールエル)”とはインターネット上のホームページの場所をお知らせする住所のようなものです。

現在お客様が書き込みを行っているホームページにもこの”URL”があって、ホームページをご覧になれているブラウザー(インターネットエクスプローラー)の上部で確認できます。

SONY パーソナルコンピューターVAIO サポートお問い合わせ

 

ドメインはどこで取得できるのか

ドメインを取得するのに他の会社は無いの?と思われる方もいらっしゃると思います。


お名前.com以外にも、たくさんドメイン取得できる会社はあります。

ムームードメインエックスドメイン ゴンベエドメインバリュードメインスタードメイン名づけてねっとエルドメイン・・・

 

たくさん会社はありますが、ここではサービスや実績もあるお名前.comの取得方法を紹介していきます。

 

お名前.com でドメインを取得する手順


ドメインが分かったところで、ここからは取得する手順を説明します。

順を追って詳しく書いていきます。

 

ドメインはどんな物があるの?

独自でサイトを運営して報酬を得ようとしているのだから、失敗は避けたいですよね!

では、どんな、ドメインが良いのか?

〇〇〇.com    

これ全部を指してドメイン名と言いますが、後ろの.comの部分を指してトップレベルドメインと言います。

 

よく見かけるのが〇〇〇.comとか、☓☓☓.netとかだと思います。

ドメイン名もサイト運営の宣伝の一つにもなります。

 

昔からよく見かける、上にも書いた .com や .net なんかは認知度が高く使われていることが多かったり、登録にも金額が高かったりします。

他にも.inc  .xyz.shop などもあります。


これらも最近は増えてきてますが、やはり馴染みが薄いので人気がないです。

逆に登録費用が安くすむメリットにもなります。

 

まずは自分のサイトの名前を考えてみましょう!


ここで疑問になるのがこちら。

ドメイン名は日本語でもいいの?


ドメイン名は日本語でも登録は可能です。


この場合は競合は国内に限られてきますので取得も簡単かもしれませんが、世界を相手に考えると認知度は低いデメリットもあります。


ですので、こだわりや他に問題が無ければ普通に名前を考えてローマ字表記の方が良いと思います。

 

まずは自分のドメイン名を考えてみましょう!

トップレベルドメインはドメイン名が決まってから空きがあるかチェックして考えましょう。

 

希望ドメインのチェックしてみよう

こちらをお名前.comクリックするとすぐホームページに行ってチェックできます。

例えば、『rossiblog』で検索してみましょう。

お名前.comでドメインを取る方法と注意点【図解付】

検索するドメインを入れて検索をクリックします。

トップレベルドメインは「指定なし」で検索


すると空きがあれば左の様に出てきます。

全部で509件ありました。

ここの金額は登録料金です。

 

ここで希望のドメイン名を入れて空きが無い場合や、結果がゼロの場合でもあきらめないでください。

  • 名前の間にハイフン『‐』を追加してみる
  • オー『o』の代わりに数字のゼロ『0』0に変えてみる
  • 数字を足してみる

これらの工夫をすれば使える可能性はあります。

また、トップレベルドメインは新しく追加されたりしているのでトップレベルドメインを変える事で使えることがあります。

 

 

登録しよう

希望のドメイン、TLDが見つかれば登録に進んでみましょう。

お名前.comでドメインを取る方法と注意点【図解付】

1円と安いので .work にしてみます。

チェックを入れたら右下のお申込みへ。

右下の『お申込み』のをクリックすると次の画面に移動します。


お名前.comでドメインを取る方法と注意点【図解付】

登録料金は1円ですね。

1年単位で先払いが可能です。よく考えて決めましょう。

※ここで注意点です。左のチェックを入れる項目があります。

 

 

Whois情報公開代行メール転送オプション

まず、Whois情報公開代行について説明です。

初回の登録料金はドメインと同時に申し込むと無料になります。

インターネット上に公開されているドメインの登録情報のことです。ドメインが誰のものか、どのレジストラで取得されたか、登録日、ネームサーバ名などの情報が含まれています。ドメインの登録情報は第三者へも公開され、一般の人も確認できる状態で公開することが義務付けられています。公開される情報は「登録者名、住所、電話番号、メールアドレス」です。

 who is よくある質問 ムームードメインより引用


簡単に言えば、これを登録しておかないと情報開示請求された場合、ネット上にドメインの所有者の個人情報が出てしまう、という事です。

代行の登録をしておく事で、お名前.comの会社情報が変わりに出るので安全というわけです。

メール転送サービスに登録しておくと、次のサービスを受ける事ができます。

Whois情報公開代行を設定した状態で、個人情報を公開することなく外部からの各種連絡を受け取ることができるサービスです。お申込みいただくとWhois情報掲載用の登録者情報メールアドレスが付与されます。今までWhois情報を公開していないと受信できなかったドメイン登録者宛のドメイン売買交渉や商標侵害警告などの通知をご自身のドメイン登録者情報メールアドレス宛に転送し、受け取ることができるようになります。

お名前.com who is 代行 より引用


有料サービスですし、メール転送は必要ないと思います

心配な方は登録しましょう。

 

ドメインプロテクション

ドメインプロテクションはドメインの不正アクセスや乗っ取りを防ぐ為の物です。

どちらかいうと、企業や会社の為の物なので個人では必要ないと思います

お名前.comで管理されているドメインの各種設定手続きの操作を制限することができるサービスです。

設定・変更する場合は、ドメイン登録者の承認が必要となり、承認を得ることで操作制限されている手続きを進めることができるため、

誤操作や第三者の不正アクセスによる意図しない操作を遮断することができ、さらなるセキュリティ対策強化に期待することができます。

お名前.com ドメインプロテクション より
SSL証明書

これは契約するサーバーでも出来ますので、得にここでする必要はありません

ここもチェックは入れなくて大丈夫です。

後々、SSL化は必要ですので覚えておきましょう!

SSLとはSecure Sockets Layerの事で、インターネット上の通信を暗号化して、情報のセキュリティをより安全をにのするものです。

以上の項目を必要に応じてチェックを入れて登録を進めましょう。


お名前.comでドメインを取る方法と注意点【図解付】

次はサーバーの選択です。

ここでは右の『利用しない』を選びます。

 

サーバーはここで選ばずにエックスドメインをおススメしてます。

サービスも内容も充実していて、利用者数も多く何かトラブルがあっても少し調べれば解決できたりとメリットも多く、価格も手ごろなのも魅力です。

 

お名前.comでドメインを取る方法と注意点【図解付】

次に個人情報の入力です。

入力が終われば右上の『次へ進む』


お名前.comでドメインを取る方法と注意点【図解付】

次に支払い方法の入力です。

入力が終われば『申し込む』で完了です。

お申込みを受け付けましたの画面がでれば終了です!


登録が終了すると色々メールが届きます。

全て確認が必要なんですが特に注意しなければいけないメールがこちら。

【重要】[お名前.com] ドメイン 情報認証のお願い というメールは必ず開いて中身を読んでください

確認用のURLから認証を行う必要があります。


これでドメイン取得完了です!

お疲れ様でした。

まとめ

自分のサイトを立ち上げようとすると最初にやることが、この「ドメインの取得」です。

初めてだと必要な項目なのか不必要なのか、合ってるのかどうか分からずに不安になることもあると思います。


落ち着いて説明を読めば、そんなに難しくないと思いますので本記事を参考に是非、ドメインを取ってサイト作りにチャレンジしてみてください。



ドメインを取得してWordpressでブログを始める説明記事はこちらになります。

参考にされてみてください。



おわり

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました