MotoGP 2020年開催サーキット エントリーリスト 【オートバイ世界選手権】

MotoGP2020年開催サーキット選手一覧バイク


新型コロナウィルスの蔓延に伴って、開幕戦から中止や欠場よって波乱のスタートとなった2020年シーズン。

開幕戦となったカタールグランプリは、海外の移動制限がありMoto2、Moto3クラスのみの開催となり、最高峰のMotoGPクラスは開催されませんでした。

第2戦となったスペイングランプリが7月19日にヘレス・サーキットで行われ、たくさんのドラマを生み出しました。

今後はどんなドラマが待ち受けているのか非常に楽しみです。


本記事の内容
  • MotoGP世界選手権の開催国・サーキット
  • エントリー選手リスト
  • エントリーチームのリンク
  • MotoGPの視聴方法

 

開催サーキット エントリーリスト

MotoGP 2020年 開催サーキット エントリーリスト一覧

開催サーキットと日程

2020年MotoGP開催スケジュール

Roundグランプリサーキット決勝レース
第1戦カタールロサイル・インターナショナル・サーキット3月8日
第2戦スペインヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエト7月19日
第3戦アンダルシアヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエト7月26日
第4戦チェコブルノ・サーキット8月9日
第5戦オーストリアレッドブル・リンク8月16日
第6戦スティリアレッドブル・リンク8月23日
第7戦サンマリノミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ9月13日
第8戦エミリア・ロマーニャミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ9月20日
第9戦カタルーニャカタロニア・サーキット9月27日
第10戦フランスル・マン-ブガッティ・サーキット10月11日
第11戦アラゴンモーターランド・アラゴン10月18日
第12戦テルエルモーターランド・アラゴン10月25日
第13戦ヨーロッパリカルド・トルモ・サーキット11月8日
第14戦バレンシアリカルド・トルモ・サーキット11月15日
アルゼンチンアウトドローモ・テルマス・デ・リオ・オンド未定
タイチャン・インターナショナル・サーキット未定
マレーシアセパン・インターナショナル・サーキット未定
 

2020年シーズンは1982年以来のフィンランドグランプリが開催される事が決定していたのですが、コロナウィルス感染拡大の影響により中止の発表がされているグランプリがあります。

開催中止グランプリ
 
  • ドイツ
  • オランダ
  • フィンランド
  • イギリス
  • オーストラリア
  • 日本
  • イタリア
  • アメリカ

 

この8カ国の中止がすでに発表されています。

開催国が減った事により、同一サーキットによる複数開催が5ヶ国あります。(グランプリ名称は変更)

また、3月に行われた開幕戦のカタールグランプリでは、最高峰MotoGPクラスは開催されずMoto2、Moto3クラスのみの開催となりました。

また、7月19日に開催されたスペイングランプリも無観客の開催となっており、今後も各サーキットで色々とルールの変更があると思われます。

MotoGPクラス エントリーリスト

No.RiderTeamMotorcycle
4アンドレア・ドヴィツィオーゾDUCATI TEAMドゥカティ
9ダニロ・ペトルッチDUCATI TEAMドゥカティ
12マーベリック・ビニャーレスMONSTER ENERGY YAMAHA MotoGPヤマハ
46バレンティーノ・ロッシMONSTER ENERGY YAMAHA MotoGPヤマハ
5ヨハン・ザルコREALE AVINTIA RACINGドゥカティ
53ティト・ラバットREALE AVINTIA RACINGドゥカティ
20ファビオ・クアルタラロPETRONAS YAMAHA SRTヤマハ
21フランコ・モルビデリPETRONAS YAMAHA SRTヤマハ
27イケル・レクオーナRED BULL KTM TECH 3KTM
88ミゲール・オリベイラRED BULL KTM TECH 3KTM
30中上貴晶LCR HONDA IDEMITSUホンダ
35カル・クラッチローLCR HONDA CASTROLホンダ
36ジョアン・ミルTEAM SUZUKI ECSTARスズキ
42アレックス・リンスTEAM SUZUKI ECSTARスズキ
41アレイシ・エスパルガロAPRILIA RACING TEAM GRESINIアプリリア
38ブラッドリー・スミスAPRILIA RACING TEAM GRESINIアプリリア
43ジャック・ミラーPRAMAC RACINGドゥカティ
63フランセスコ・バニャイアPRAMAC RACINGドゥカティ
44ポル・エスパルガロRED BULL KTM FACTORY RACINGKTM
33ブラッド・ビンダーRED BULL KTM FACTORY RACINGKTM
73アレックス・マルケスREPSOL HONDA TEAMホンダ
93マルク・マルケスREPSOL HONDA TEAMホンダ
 

最高峰クラスで唯一の日本人参戦の中上貴晶選手。昨年はランキング13位と初年度の20位からは躍進したものの、表彰台には上がれていません。3年目の今年は期待したいですね。

 

APRILIA RACING TEAM GRESINIから参戦予定だった、アンドレア・イアンノーネ選手ですがドーピングによって19年12月17日から21年6月16日までの18ヶ月間の資格停止処分を受け出場できなくなっています。イアンノーネ選手は控訴していますが、停止期間にはブラッドリー・スミス選手が代役として参戦しています。

Moto2クラス エントリーリスト

No.RiderTeamMotorcycle
16ジョー・ロバーツAmerican Racingカレックス
42マルコス・ラミレスAmerican Racingカレックス
44アロン・カネトAspar Teamスピード・アップ
55ハフィス・シャーリンAspar Teamスピード・アップ
37アウグスト フェルナンデスEG 0.0 Marc VDSカレックス
22サム・ロウズEG 0.0 Marc VDSカレックス
57エドガー・ポンスFederal Oil Gresini Moto2カレックス
11ニッコロ・ブレガFederal Oil Gresini Moto2カレックス
40エクトル・ガルソFlexbox HP 40カレックス
7ロレンソ・バルダッサーリFlexbox HP 40カレックス
35ソムキャット・チャントラIdemitsu Honda Team Asiaカレックス
27アンディ・ファリド・イズディハールIdemitsu Honda Team Asiaカレックス
33エネア・バスティアニーニItaltrans Racing Teamカレックス
19ロレンツォ・ダラ・ポルタItaltrans Racing Teamカレックス
12トーマス・ルティLiqui Moly Intact GPカレックス
23マルセル・シュロッターLiqui Moly Intact GPカレックス
24シモーネ・コルシMV Agusta Forward RacingMVアグスタ
62ステファノ・マンジMV Agusta Forward RacingMVアグスタ
64ボ・ベンスナイダーNTS RW Racing GPNTS
2イェスコ・ラフィンNTS RW Racing GPNTS
99カスマ・ダニエルOnexox TKKR SAG Teamカレックス
87レミー・ガードナーOnexox TKKR SAG Teamカレックス
97チャビ・ビエルゲPetronas Sprinta Racingカレックス
96ジェイク・ディクソンPetronas Sprinta Racingカレックス
45長島哲太Red Bull KTM Ajoカレックス
88ホルヘ・マルティンRed Bull KTM Ajoカレックス
10ルカ・マリーニSKY Racing Team VR46カレックス
72マルコ・ベゼッチSKY Racing Team VR46カレックス
9ホルヘ・ナバーロSpeed Up Racingスピード・アップ
21ファビオ・ディ・ジャンアントニオSpeed Up Racingスピード・アップ
 

Moto2クラスにも日本人ライダー長嶋哲太選手がただ一人参加してます。今年はMoto2参戦5年目。年々ランキングは上がってきているものの、昨年は最高5位のランキングは14位。今年は頑張ってもらいたい!

その長嶋哲太選手ですが、なんと!Red Bull KTM Ajoに移籍初戦でしたが、開幕戦カタールグランプリで優勝!次戦のスペイングランプリでは2位表彰台!

まだ2戦ですが、現在のランキングは堂々の1位ですよ!世界ランキング1位!

この調子で頑張ってもらいたいですね!

 

Moto3クラス エントリーリスト

No.RiderTeamMotorcycle
75アルベルト・アレナスANGEL NIETO TEAMKTM
82ステファノ・ネパANGEL NIETO TEAMKTM
76マカー・ユルチェンコBOE SKULL RIDER MUGEN RACEKTM
84ヤコブ・コンフェイルBOE SKULL RIDER MUGEN RACEKTM
40ダリン・ビンダーCIP GREEN POWERKTM
73マキシミリアン・コフラーCIP GREEN POWERKTM
6山中琉聖ESTRELLA GALICIA 0,0ホンダ
11セルジオ・ガルシアESTRELLA GALICIA 0,0ホンダ
79小椋藍HONDA TEAM ASIAホンダ
92國井勇輝HONDA TEAM ASIAホンダ
19ガブリエル・ロドリゴKOMMERLING GRESINI Moto3ホンダ
52ジェレミー・アルコバKOMMERLING GRESINI Moto3ホンダ
5ジャウマ・マシアLEOPARD RACINGホンダ
7デニス・フォッジアLEOPARD RACINGホンダ
17ジョン・マクフィーPETRONAS SPRINTA RACINGホンダ
89カイルール・イダム・パウィPETRONAS SPRINTA RACINGホンダ
50ジェイソン・デュパスキエPRUESTELGPKTM
70バリー・バルトゥスPRUESTELGPKTM
99カルロス・タタイREALE AVINTIA ARIZONA 77KTM
25ラウル・フェルナンデスRED BULL KTM AJOKTM
27鳥羽海渡RED BULL KTM AJOKTM
53デニス・オンジュRED BULL KTM TECH 3KTM
71佐々木歩夢RED BULL KTM TECH 3KTM
23ニッコロ・アントネッリSIC58 SQUADRA CORSEホンダ
24鈴木竜生SIC58 SQUADRA CORSEホンダ
13セレスティーノ・ビエッティSKY RACING TEAM VR46KTM
16アンドレア・ミーニョSKY RACING TEAM VR46KTM
12フィリップ・サラックSNIPERS TEAMホンダ
14トニー・アルボリーノSNIPERS TEAMホンダ
21アロンソ・ロペスSTERILGARDA MAX RACING TEAMハスクバーナ
55ロマーノ・フェナティSTERILGARDA MAX RACING TEAMハスクバーナ
 

Moto3クラスにはルーキー含めた6人の日本人ライダーが参戦しています。

Moto3クラス 日本人ライダー
  • No.6     山中琉聖  ESTRELLA GALICIA 0,0
  • No.79   小椋藍   HONDA TEAM ASIA
  • No.92 國井勇輝  HONDA TEAM ASIA
  • No.27   鳥羽海渡        RED BULL KTM AJO
  • No.71   佐々木歩夢    RED BULL KTM TECH 3
  • No.24  鈴木竜生        SIC58 SQUADRA CORSE

予選ではポールを取ったり、上位に名前を連ねる鈴木竜生選手。昨年は優勝したものの、表彰台は計2回。今年は予選では2戦連続ポールポジション獲得も表彰台には届かず。今後の巻き返しに期待したいです。

2戦連続の表彰台を獲得しているのが小椋藍選手!開幕戦では3位のライダーがペナルティで降格したために繰り上がりでしたが3位。次戦スペインでは堂々の2位表彰台。この調子で頑張って欲しいですね。

 

エントリーチーム リンク

MotoGP 2020年 開催サーキット エントリーリスト一覧

各クラスのチームのオフィシャルページにジャンプできるリンク集です。

気になるチームがありましたらチェックしてみてください。


僕はもちろん、ヤマハファクトリーチームのバレンティーノ・ロッシ選手を応援してます!


僕のハンドルネームの「ろっしー」はバレンティーノ・ロッシ選手が大好きだからつけました。

 

MotoGPクラス


静岡県磐田市にヤマハ本社工場があります。併設されているヤマハコミュニケーションプラザ無料で楽しめる博物館。

歴代GPマシンやロッシ選手、ビニャーレス選手のマシンを見たり写真を撮ったりできます。

お近くでしたら是非、行かれてみてください。

 

Moto2クラス

 

Moto3クラス

 

MotoGPの視聴方法

MotoGPの視聴は残念ながら地上波では放送されません。

下記の方法で視聴が可能になります。

 

  • 日テレG+(ジータス)に加入
  • MotoGP公式のビデオパスの購入
  • Huluに加入
  • BS日テレで視聴

日テレG+(ジータス)

日テレG+(ジータス)の視聴はひかりTV各社、スカパー、地元ケーブルTVに契約があればチャンネルを視聴できる契約に変更すれば視聴できます。

日テレG+(ジータス)の放送は基本的に予選、決勝を通じて生放送で放送されますが、極稀に放送スケジュールの都合により時間をずらした録画放送になる場合があります。

フリープラクティス(公式練習)は放送されません。

全国のケーブルテレビの確認はこちら

スカパーの確認・お申し込みはこちら

auひかりTVの確認・お申し込みはこちら

 

 

MotoGP公式のビデオパスの購入

MotoGP公式の放送はインターネットの配信を全て視聴できるのが大きなメリットです。最初のフリープラクティス(公式練習)から予選、決勝まで全てライブで見ることができます。インターネット配信を視聴する環境が必要です。

ビデオパスは1年一括、1年12回分割、1ヶ月単位と3つのタイプで購入できます。
無料のお試しもありますので、試しに見てみるのもありですね。

MotoGP 公式ビデオパスの無料お試しはこちら

 

Huluに加入

Huluが一番お得で便利かもしれません。


スマホ・タブレット、ゲーム機、パソコン、テレビと対応機種は非常に多く
、月額1,026円でかなりのチャンネルを見ることができます!

  • 対応デバイスがスマホ・タブレット、ゲーム機、パソコン、テレビ
  • 月額1,026円でかなりのチャンネルが見れる
  • 最初2週間が無料で試せる
  • ずっと月額1,026円(税込み)
  • いつでも解約できて違約金なし
  • 1アカウントで最大6つのチャンネルで楽しめる
  • ダウンロードすればオフラインで視聴できる

メリットが多すぎる!

最初の2週間が無料なので、すぐ視聴も可能です!

huluの確認・お申し込みはこちら

 

BS日テレで視聴

BS日テレで視聴するには、有料の申し込みは無いのですが、BSチャンネルを視聴する環境が必要です。アンテナがなければ設置が必要です。

また、放送はBS日テレで放送時間、内容の確認が必要です。

BS日テレの確認はこちら

 

2020年シーズン

今シーズンは7月も終わろうとしているこの時期になっても、まだMotoGPクラスは1戦しか消化してない異例の事態。

そして開幕戦となったスペイングランプリで王者マルク・マルケス選手の見せた神懸かりの転倒回避術からの鬼神の追い上げ。

 

そして限界を超えた大転倒・・・16位から3位まで追い上げて、チェッカーまであと4週でした。


腕を骨折して転倒の2日後に手術したのに、その3日後のレースに出るなんて!

マルケス選手の執念の走りに期待がかかります!


おわり

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました